プロフィール
株式会社アイナース
株式会社アイナース
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2011年08月25日

いつまでが親の宿題?

夏休みも残り僅か。
宿題が終わっていない子どもたちも多いと思う。

子どもの宿題をしっかり終わらせなければ・・・と思っている
親御さんはこの時期多いと思う。

発破をかけて頑張らせようとしている親。

宿題が終わっていなければ、どうなのだろうか・・・
子どもの評価が下がってしまうから?
親は何をしていたのと親が評価されるから?

今日の勉強会で「いつまで親は宿題を見守らなければならないのでしょうか?」
ということが話題に上がった。

子どものため?
親のため?
他人の評価を気にしているのは誰なのでしょうか?
いつまで、親は子どものために宿題を見守れば良いのでしょうか?

難しいですね。



  

Posted by 株式会社アイナース at 21:40Comments(0)

2011年08月24日

その人の歴史がある

先日の【ナースのおしゃべりティータイム】での話題。

最近、転職した方が、「患者さんの今までの人生を何も考えていない看護師が多い。患者さんには人生があるのだから・・・」と。



母が入院した時、苗字ではなく名前で呼ばれたのには違和感があった。
その後、在宅で介護を受けた時、○○ちゃんと“ちゃん”付けで呼ばれたのにはビックリだった。
父が「母さん、○○ちゃんだってよ。」と皮肉をこめてヘルパーさんに言ったけれど、その言葉の意味を理解してもらえなかった。


ついつい、患者さんの今の状態、弱っている状態だけに目が行ってしまう。
今、弱っていて看護、介護を受けているが、その人にはその人の人生という歴史があるのだということを忘れがちになっている。  

Posted by 株式会社アイナース at 07:15Comments(1)

2011年08月21日

自分ができる時に

自宅のマンションの大規模修繕工事が、もうすぐ始まる。
これまでの2年半、修繕委員として大規模修繕のための勉強会や
委員会に参加してきた。
月に2回は集まりがあった。

もうすぐ大規模修繕が始まる。
工事が始まったら修繕委員会の役割りは終了になる。
来月の居住者に対する施工業者の説明会が最後。
これで修繕委員会は終了。
ホッとできる。

いやいや、今年から私は2年の輪番制で理事になった。
理事の任期はあと1年半。
あと1年半は逃れられないのだ。

そういえば、前回の理事になる1年前にマンションの給水管工事を行うという計画があった。
次回の理事も参加して欲しいということで、1年半、勉強会や説明会、
業者の選定などに参加し、大変だった。

そして前回、理事になった。
理事の就任中に無事に給水管工事も終わった。
特に問題はなく、もう半年で理事が終了になる時、
突然、隣に14階建てのマンションが建設されるということがわかった。

隣に14階建ての大型マンションが建ったのでは、日照権の問題がある。
日当たりが悪ければマンションの資産価値が下がる。
できればマンションを建設しないで欲しい。
できるだけマンションの階数を低くして欲しい。
私たちのマンションより少しでも離してマンションを建設して欲しい。
マンション建設反対の運動もあった。

しかし、運動の甲斐もなく、14階建てのマンションが建設されることになり、
活動は終了した。

そして2年後が今回の大型修繕の計画、それが2年半前だった。

小さい小さいマンション。
次から次へと何かがある。
次から次へと役回りがある。

このような役がなければ、なかなか出会うことのない住人。
いろいろな役が次から次へと回って来るから、
小さいながらもコミュニティーが保たれているのかもしれない。

私の住むマンションも高齢化。
「高齢のために、もう、理事はできません」という住人も出てきている。

私も、ここでずっと住むのなら、 今のうちに自分ができる役割を引き受けよう。

そして、できなくなったら、「高齢なのでできません。」と言ったとき、
「いいですよ」と言ってくれるマンションだったらいいな。



  

Posted by 株式会社アイナース at 21:47Comments(1)

2011年08月19日

故郷の訛り懐かし

朝の天気予報で「お出かけの際は必ず傘をお持ちください」と言っていたのに、
傘を持たずに出かけ遠くの黒い雲を見て慌てて傘を取りに戻った。
待ち合わせの時間に間に合わなくなってしまう。
やっとタクシーが来た。
乗ってホッと一安心。
そして突然の大雨。
『良かった。濡れずに済んで。』

タクシーの運転手さん、一見標準語のようだが、どこか懐かしい訛りが。
「東北の方ですか?」と尋ねると秋田出身だという。
「どうして東北だとわかったの?」と尋ねられ、
「私も秋田出身で独特の訛り・発音だったから。標準語と微妙に違うのよね・・・」と話しが大盛り上がり。
目的地につく頃、雨はどんどん激しくなってきた。
降りるのも嫌になってしまう。

降りようとしたら「こうもり(傘)持ってる?」と声かけてくれた。
「こうもり持ってるよ。雨、嫌だなと思ったけど、運転手さんの懐かしい『こうもり』を聞いたら、雨も良いかな、って思えた。運転手さんありがとう。」

傘をさしても濡れそうな大雨。
故郷の訛りが元気づけてくれました。
  

Posted by 株式会社アイナース at 14:29Comments(1)

2011年08月17日

届け!!

届いて欲しいところには届かなくて、違うところに届いているようです。
【ナースのおしゃべりティータイム】看護師向けに発信しているのに・・・
『参加します』と連絡があるのは、ほとんどが人材紹介会社さん。
これで8件目。
大変申し訳ございませんが、人材紹介関連の方はお断りしています。

看護師さんに届け!!  

Posted by 株式会社アイナース at 19:55Comments(1)

2011年08月17日

いよいよ今週末

時期的に集まってくださる方が少ないのですが、いよいよ今週末です。
【第3回ナースのおしゃべりティータイム】
看護職がリアルに集まる場所です。
継続するからこそ、意義がある。


ちょっと聴いて欲しいことがある。
言いたいことがある。
他の施設などの情報を知りたい。


お子様連れでOKです。
看護師だけでなく、医療職ならOKです。
参加費は無料です。



興味のある方はご参加ください。
詳しくはこちらを。
http://i-nurse.co.jp/blogimages/tea.pdf

  

Posted by 株式会社アイナース at 07:54Comments(2)

2011年08月16日

期待していたからこそ

友人からの電話。

「私、皆より、すご~く頑張った。
それを上司は知っているはずなのに・・・
いきなり、私の不備なことばかり指摘してきた。
もう~いやだ。」
信頼していた上司に言われた一言がとても気になったようです。

本人も不備があったことは自覚している。
でも、自分が頑張ったことを認めて欲しかった。
信頼している相手だったからこそ。

期待していたこからこそ、怒りが。  

Posted by 株式会社アイナース at 15:29Comments(0)

2011年08月14日

天気は悪くない

昨日、テレビを見ていたら
「気象予報士は天気が崩れると言うが、天気が悪いとは言わない。」と。

納得、納得です。


物事の受けとり方で、例として挙げられること。
雨が降った。(事実)
憂鬱だな。嬉しいな。(感情)
雨が降ったことが悪いわけでも、良いわけでもない。
そのことをどう受けとるか、「洋服が濡れて嫌だな。」
「ラッキー!!ディズニーランド待ち時間が少なくなるよ。」
受け取り方で、憂鬱だったり、喜びになる。


雨が降ったら困る屋外で仕事をする人。
雨が降って恵みの雨だと喜ぶ人。
雨が降ろうが、晴れようが、「天気は悪くない」のです。

気象予報士が、いろいろな職業の方のことを考えて言葉を発していることを知りました。

  

Posted by 株式会社アイナース at 10:34Comments(1)

2011年08月13日

誰のために

先日、ある駅で偶然に声をかけられた。
以前、会った時と見違えるほど変わっていて、一瞬、誰かな?と思った。


今はアルバイトをしているという。


彼女は「誰のために・・・ですよね?」と笑顔で言った。


彼女は看護学校の時、不登校になった。

入学当時から、周りからは「今の時代、資格があったほうが良い。」
「看護師として働かなくても、資格を取っておいたほうが後々のため」
と言われていた。

しかし、不登校になってしまった。

みんな頑張っているのに、自分だけ頑張れない。
学校側もすごく心配してくれ、いろいろ取り計らってくれた。

親から授業料を出してもらっている。
学校からは奨学金を受けている。

両親に「嫌なら辞めたって良いんだよ。」と言われると、
親の期待に応えられない自分が不甲斐無い。
頑張らなければ・・・
なぜ自分だけ頑張れないの・・・

悩めば悩むほど、堂々巡り。

学校に行けるようになった・・・行けなくなった。
実習に行けるようになった・・・行けなくなった。

同級生が卒業した。看護師の資格を取った。
後輩が卒業した。看護師の資格を取った。

「自分は何をしたいのか」
「誰のために資格を取るのか」
「誰のために働くのか」
彼女は3年間、悩みに悩んでいた。


そして誰のため?
自分のために看護学校を辞めた。

  

Posted by 株式会社アイナース at 23:22Comments(1)

2011年08月12日

ちょっとワンクッション

最近、「新たな病院に転職したが、また元の病院に戻りたくなった」という
看護師の声を多く聞きます。

元の病院に戻りたくなった、それは転職したから気づいたことかもしれない。
転職しなければ気づかなかったのかもしれない。
でも、転職したことを後悔するのであれば・・・

嫌になった、辞めたくなった、と思ったら、
嫌なところがどんどん目に付き、どんどん気持ちは辞めたい方向に。
そして、職場の誰に相談することもなく辞めてしまう。
(職場の人には言えない!!)

そんな時、ちょっとワンクッションおくことができたなら。
誰かに話を聴いてもらうことができたなら。

8月20日、お時間があったら参加しませんか。
【第3回ナースのおしゃべりティータイム】銀座で開催します。

詳しくはこちらを
http://i-nurse.co.jp/blogimages/tea.pdf
  

Posted by 株式会社アイナース at 22:13Comments(0)

2011年08月11日

看護師さん集まりましょう。吐き出しましょう。

看護師不足で困っている病院は多い。

仕事のことで悩んでいる看護師は多い。

だから、転職相談なのだろうか?




ネットを見ると看護師の人材紹介会社が多い。

(私がいつも看護師というキーワードでネット検索するので、特に私の周りには多いようだ。)




辞めたくなったら=退職・転職ではないのです。



辞めたくなった時にどうしたらいいの?

辞めたくなったら誰に相談したらいいの?

辞めたいと思っていても、それが本心でないことが多いのです。

誰かに聴いて欲しい、誰かにわかって欲しい、それが本心です。

最終的に決断するのは自分なのだから。




悩んでいる看護師さんからよく相談を受けます。



悩んでいる看護師さん、

8月20日お時間がありましたら、銀座に集合しませんか?

【第3回ナースのおしゃべりティータイム】があります。

ベースが同じ看護師だから「ウンウンわかるよ。」「つらかったね!」と共感してくれるかもしれない。

悩んでいるのは自分だけではないかもしれない。

詳しくはこちらを





悩んでいるけど大勢の前で話すのは嫌だな。

でも聴いて欲しい。

個別での相談は株式会社アイナース でお受けします。





  

Posted by 株式会社アイナース at 23:41Comments(0)

2011年08月11日

節電中のため

単なる思い込みで読んでいる(見ている)ことって多いですね。

『節電中のため・・・』と書かれていると
節電中で少し暗いのかな?
節電中のためエアコンの温度設定が高めなのかな?
節電のためエスカレーターが止まっているのかな?
など勝手に分かっているつもり
勝手に思い込んでいます。

結構頻繁に通っているところに
『節電中のため・・・』と書いてあります。
いつもは慌しく通っているので、勝手に解釈していました。

今日、何気なく見てみたら
『節電中のため営業しています』と書いていました。
エェッ??
見間違いだよ、と思い、引き返して見直しました。
でも、『節電中のため営業しています』と書いています。
中をチラッと覗いてみても『節電中』が分からない。

節電中のために営業とはどういうことなのだろう?
気になり気になり帰ってきました。

今度時間があったら、あのお店に行ってみよう。   

Posted by 株式会社アイナース at 13:31Comments(0)

2011年08月09日

大人になっても苦手だった

ずっと、ずっと読みたいと思っていた本があった。

でも、見てみると漫画。

私、小さい時から漫画が読めない、読み方が分からないのです。

大人になったのだから漫画も読めるだろうと思って買ったのに、読めない。

読み方が分からない。

1冊の漫画をかかえて1週間。

もう嫌になってしまった。



キタデザインさんの3コマ漫画や、
http://ameblo.jp/kitadesign3/

昔からあるサザエさんなどの4コマ漫画は読めるのに・・・



大人になっても苦手だった。
  

Posted by 株式会社アイナース at 15:27Comments(0)

2011年08月07日

安全地帯

仕事が好きだから。
看護が好きだから。
だからこそ、「でもね~?」と思うことがある。

みんな頑張ってるのにどうして私だけ駄目なの?
私、看護師に向いていないのかな?

一人で考え込まないで語りましょうよ。

頑張り過ぎて、「もう辞めたい」と思い辞める前に、
あなたの気持ちを吐き出しましょうよ。

「第3回ナースのおしゃべりティータイム」は8月20日です。

「ナースのおしゃべりティータイム」
ここは看護師がリアルに集まれる場、看護師の弱音・本音を語れる場、
看護師の情報交換の場です。

職場ではなかなか吐き出せないこと。
同じ看護師だから「ウンウンわかるよ。」「つらかったね!」と共感してくれる。
黙って聴いて受け止めてくれる。
そんな看護師の安全地帯にしたいな。

8月20日、土曜日の午後、お茶を飲みながら語りましょう。
お子様連れでもOKです。

詳しくはこちらを。
http://i-nurse.co.jp/blogimages/tea.pdf .   

Posted by 株式会社アイナース at 22:53Comments(1)

2011年08月05日

子どもの話に耳を傾けよう

今日、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。
今日、聴いてあげよう、あなたがどんなに忙しくとも。
さもないと、いつか子どもは年老いたあなたの話を聴こうとしなくなる。

子どもの悩みや要求を聴いてあげよう。
どんな些細な勝利の話も、どんなささやかな行いも褒めてあげよう。
おしゃべりを我慢して聴き、一緒に大笑いしてあげよう。
そして言ってあげよう、愛していると。毎晩毎晩。
叱った後は必ず抱きしめてやり、
「大丈夫だ」と言ってやろう。

子どもの悪い点ばかりあげつらっていると、
そうなって欲しくないような人間になってしまう。
だが、同じ家族の一員なのだから誇らしいと言ってやれば、
子どもは自分を成功者だと思って育つ。

今日、少し
あなたの子どもが言おうとしていることに耳を傾けよう。

今日、聴いてあげよう、あなたがどんなに忙しくても。
そうすれば、子どももあなたの年老いた、過去の栄光に耳を傾けるために
あなたの元に、戻ってくるだろう。
                                 (ウェイトリー)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
午前中に参加したコミュニケーション講座からのお裾分けです。

コミュニケーション。言葉のキャッチボール。
ついつい言いたい私。
聴くって、簡単なようで難しい。   

Posted by 株式会社アイナース at 15:29Comments(1)

2011年08月02日

看護師不足だから?

ちょっと面白い記事発見しました。

看護師不足、若者定着のため・・・

地方だと集まるのかな?

都心でも集まるのかな?

http://www.shinshu-liveon.jp/www/topics/node_191345   

Posted by 株式会社アイナース at 23:37Comments(1)

2011年08月01日

修了式は出発記念日

出合いはやはり必然だった。
昨年の暮れ偶然に、いや必然に・・・
出合うべくして出合ったものがある。
どんどんどんどん引き込まれて行った。

今日で終了という日。
その日はあの3月11日だった。
終了しないまま、3月11日のあの日から2ヶ月間、止まってしまっていた。

再開することに自分で言い訳をしていた。
やっと震災から8週間後に自分の中で再開することができた。
再開したから終了に至ることができた。

以前のようにまた、どんどんどんどん引き込まれていった。

そして、昨日、一つの区切りとして修了式があった。

修了式、それは終わりではない。
一つの節目。
出発記念日です。

昨日は出発記念日でした。  

Posted by 株式会社アイナース at 08:40Comments(0)

2011年07月31日

答えは他人に求めるのではなく自分で

昨日は、ある会に参加し



【1時間で体得できる 企業不滅の法則】という講演を聴いてきました。



本当によかったです。



目からウロコ。衝撃的でした。






聴くことで満足してしまいます。






いやいやそれでは何も変わらない。



聴いたから何かが変わる訳でない。







誰かが何かを変えるのではない。



自分ができることをしなければ。






答えを他人に求めるのではなく、自分で・・・と思いながらも迷いが。









そして、以前お会いした方が懇親会の時、私の思いを言い換えてくれました。



気づかせてくれました。






自分がしたいこと。



自分ができること。



「そうだった!」






答えを他人にだけ求めていた。



自分のするべきことをしなければ・・・

  

Posted by 株式会社アイナース at 10:08Comments(1)

2011年07月29日

看護師の輪を広げましょう

【第3回ナースのおしゃべりティータイム】は、8月20日です。

ナースのおしゃべりティータイムは、
看護師が本音を語れる場、
情報交換の場、
リアルに会える場です。

子どもがいるから・・・
子どもが夏休みだから・・・と躊躇っている方
お子様連れでも参加できますよ。

悩んでいるというほどのことではないけれど、何か言いたい。
聴いて欲しい。
お気軽な気持ちで参加ください。

今まで参加いただいた方は、年齢も経歴も働いている場所も環境も全然違う方々です。
ブログ上では知っていたけど、お会いするのは初めての方。
たまたまセミナーで会ってあいさつした程度だった方。

年齢が違っても看護師ということで共感できる。分かってもらえる。
時間を忘れるほど、熱く、熱く語り合いました。

1人から2人へ3人・4人・5人・・・
看護師の輪を広げていきましょう。

詳しくはこちらを。
http://i-nurse.co.jp/blogimages/tea.pdf

会場へのアクセスは申し込みいただいた方に後日お知らせします。

  

Posted by 株式会社アイナース at 01:46Comments(2)

2011年07月16日

看護師の目標は?

先日、千葉大学の学生の企画「就活に悩む学生とNICe(http://www.nice.or.jp/)とのコラボ~~これからの働き方~~」に参加して来ました。
学生さんとのディスカッションで「看護師としての目標は何でしたか?」と訊かれ、すぐに即答できない私がいました。
その後「看護師としての目標???」と考えていました。

最近の男子看護学生は、しっかり看護師としての目標を持って入学してきている。それに引き換え女子看護学生は目標が???と聞くことがよくあります。

そして今日、私が企画主催している【第2回ナースのおしゃべりティータイム】でした。
少ない参加者の中、社会人から看護師になったナースマン、しっかり看護師としての目標を持っていました。
いろいろ話している時、ふと思いました。
女子看護学生の多くの目標は『看護師になること』
看護師になっての目標は???

だから辞めてしまう人が多いのでは???と。

看護師の離職防止、看護師不足の解消のために、看護師は目標を持たなければならないと思いました。
そうかな???
いや、それもある!!!

学生さんの質問から気づかされたことでした。
ありがとう!!千葉大の学生さん。




  

Posted by 株式会社アイナース at 20:48Comments(0)